難聴児がその人らしく 社会で活躍する日まで 一貫した居場所を提供します。

1 1

新着情報

うさぎクラブについて

就学前から高校生までの方が年齢を超えたつながりを通じて、
豊かな人生を歩むための支援の場となることを目的として、2020年3月に武蔵野市に、難聴児のための児童発達支援事業・放課後等デイサービス『きこえとコミュニケーションのうさぎクラブ』を開設しました。

うさぎクラブでは、主に言語聴覚士がきこえや言語発達を評価し、個別の言語療育や家庭での働きがけを助言します。言語を活用したコミュニケーション力を身につけられるよう、専門スタッフによる集団療育も行います。

仲間と関わりながら、自信を持って社会で活躍する人を育てる場を目指します。

特徴と年齢別のケアについて

補聴器や人工内耳を使いながら「きこえの力」を生かして、言語力を育てます。そして、コミュニケーション力を伸ばし、自立して社会で活躍する人を育てます。

うさぎクラブでは、コミュニケーション手段として聴覚口話法を主体とします。

一方、場面や目的、個人の特性に合わせて他の手段を併用し、それらの使い分けを日々の活動から学ぶことで、利用者自身の将来の選択肢を可能な限り広げていくようサポートいたします。

活動の様子

Instagramで投稿している
うさぎクラブの様子をご紹介

ご利用までの流れ

  • 1 まずは、うさぎクラブまでお問い合わせを
  • 2 うさぎクラブにて見学と相談
  • 3 市区町村へ受給者証の申請
  • 4 うさぎクラブにて利用契約、個別支援計画作成
  • 5 利用開始

※他にも、医師の診察、相談をご紹介する場合があります。

アクセス情報

〒180-0013 東京都武蔵野市西久保2-6-3 2F

三鷹駅北口から徒歩7分

小田急バス 鷹01、鷹02、鷹13、鷹30系統「横河入口」停留所下車

※利用者の方への送迎も行なっております。(武蔵野市内に限る)

平日10:00-18:00 / 土曜9:00-17:00

0422-36-3315

送迎ルート ※武蔵野市内に限ります。